らくらくらいふ

おだやかでおちついたきもち、それだけ

下書き

2013年の午前2時、あの4ヶ月間暮らした神奈川の小田急相模原駅徒歩10分の木造アパートを出て、セミバチバチいわしながら壁にぶつかってるのに怯えながら扉を閉めて、桜並木を歩いて、amazarashi聴きながら、古びた団地、真っ暗な保育所を怯えながら通り過ぎて、フラフラと24時間スーパーに入って明るさに安心しながら菓子パンコーナーの前で熟考に熟考を重ねた結果、森の切り株と5個入りの薄皮クリームパンを買う。生ぬるい夜中の風、ブラジル酒場みたいな怪しいスナックの横に救急車が止まってた。古びた団地の横と真っ暗な保育所を怯えながら通り過ぎたらとりあえずノルマクリア。あそこの生協は6月に潰れたらしいよ。セミバチバチいわしながら壁にぶつかってるから怖くてなかなか101号室に入れないけど勇気出して入りました。amazarashiのジュブナイルをエンドレスでリピートし続けた耳にようやく静寂が訪れた。201号室の男の排尿音がクリアに聞こえ、うんざりしながら森の切り株と薄皮クリームパン5個をガツガツ、ガツガツという擬態語が相応しい、ガツガツ食べたら、ようやく倦怠感が解消しました。顔がほてってきて、すぐに虚しい気持ちになった。最近は悲しい気持ちばかりで虚しい気持ちのほうがずっといいな。虚しさには静寂があるから。人生を間違えた、の中でも最も人生を間違えたという意識が強かったあの時期のことを想うと、心がすーっとするんです、まさか、まさか今の僕まで人生間違えてるなんて思いもしなかっただろうな。Linked Horizonが紅白出場で陛下が紅白に!なのに自分は負け組のままで、といってた2013年から今もずっと負け組が続いてて、いますぐ窓から飛び降りたくなるよ、着地した先が幸せならいいな、幸せってなんですかって聞かれて、ふわ~としたいい気持ちって答えたら鼻で笑った前職の社長に幸せってなんですかって聞いてこればよかった、幸せって布団の中で怠け倒して人生を棒に振ることだと思うな。たしかに幸せだったよ。

 

 

 

 

感想文

立派な人間になれなかったのではなく、ならなかったのだ。大好きな人を想像して、大好きな人と大好きな場所でぬくぬく穏やかな時間を過ごす妄想をして、どうして自分はそうなれないのかって思ったけど、どうして自分はそうなれないのかって感情が浮かぶ時点で、そういうことなんだよ

 

 

 

苦しい、悔しい

って思えるのはひとりの布団の中だけだ、なんでいつもこう思えないんだろうな。明日になったらひたすら憂鬱で、頭も体も重くて、ただそれだけで、もやもやした感情に身体中が支配されてしまって、ただそれだけ

 

 

 

幸せを感じられないのが悔しいんだ。年下が大活躍してるのが悔しいんだ。年下が努力して活躍して、人生って、みたいな話をして、深い洞察力にひたすらぶちのめされたんだ、この人は努力してここまで来た、自分は布団の中で人生を悲観して、明日が怖い、家の外が怖い、明日も明後日も人に会うのがいやだ、つかれた、って、ただそれだけだ、途方もない差が悔しくて

 

 

 

暇だから明日も仕事に行こう、死ぬまでの長い時間、何もしないのは暇だから仕事に行くんだ、何もしないのは暇だから、仕事に行って、失敗して、怒られて、泣きそうになって、ひたすら重い心で明日の想像をして、明日も仕事だ、ずっと仕事だって思って、ため息を飲み込んで、どこにも行けない歯がゆさ、息苦しさ、負け犬

 

 

 

大して苦しい毎日じゃないのに苦しいのはなぜだ?人に誇れるほどの失敗体験もありゃしないのに自己肯定感が低いのはなぜだ?死にたいほど辛い経験をしたなら清々しく人を嫌いになれるけど、そんなことないのに人が好きじゃないから、普通にただの嫌な奴じゃん、消えな

 

 

 

もしもわたしが消えたなら、の想像をして、ふわ~っと解放感に満たされる、この感覚で生きていきたいですね、みんなが求めてるのはわたしではなく、スーパー塾講師なのだ。役割を求めてるんだ、じゃあ僕はずっと家にいるよ。家の玄関で役割とハイタッチして人生を交代しよう、役割だけが出勤しろ。僕はずっと家の中にいる。分身ではなく、ふたつでひとつなのだ。AをコピーしたA'ではなく、ふたつあわせてAなのだ

 

 

 

貴重な20代はこうして終わるのか?二度と戻らない時間を後悔することだけに費やして、かなしくなるだろうな、泣いちゃうかもな、30代、ふざけんなよ、って言いたくもなるよ。人生を変えろよ、いいかげん人生を変えろよ、でも、でもと言って結局布団の中に帰ってくるなら、幸せになることを諦めてください、つらいので

夕暮れ

過去を取り戻すとか

別人になるとか

違う世界に行くとか

そういうのに心ときめいて

どうしようもないな

 

 

 

自分でいることが窮屈で許せない

違う世界にいって

違う自分になって

人生ってなんだったのか忘れたい

目的も意味もないふわふわした毎日

誰も自分のことを知らない世界へ行って

自分も自分を完全に忘れてしまって

すべてゼロからやり直したい

すべてゼロからやり直したいっていう人間も消えて

世界はただ存在していて

世界はただ存在していて

 

 

 

夕暮れに閉じ込められて

夕暮れから一生出られない

寂しさ、虚しさ

誰もいない団地の2LDK

その隅っこでうずくまって

陽が暮れるのを待っていたい

人生の失敗

上手くいかない毎日

同じところをぐるぐる回って

嫌気が差して、完全に嫌になって

完全に嫌になったことも忘れて

閉じ込められている

毎日をループさせられている

昨日、職場で笑った

何を笑っていたのか思い出せないが

上司に媚びて、アルバイトにも媚びて

楽しくないのに笑っていた

明日も職場に行くのが嫌だ

って言ってるのも職場では忘れて

布団の上で明日を悲観してる自分と職場での自分は

別の人間みたいだな

私がいなくなっても

身体だけ私で心は別人でも

明日職場に行く人間が私じゃなくとも

きっとうまいこと職場は回るのだ

じゃあ自分はもうずっと家にいないか?

心の中に家を建てるのだ

心の中に家を建てて、毎日そこで休むのだ

もう生きなくていいよ

もう外の世界に出なくていいよ

ずっと家の中で休んでいようよ

心の中に家を建てて

夕暮れ

家がないと彷徨う人間の気持ち

赤い繭、一番好きだったな

 

 

 

生きること全て

価値観からなにから

過去のすべて

溶かしてしまいたいな

何もかもわからなくなりたいな

明日は本当に嫌な日なのか?

仕事に行くってどういうことだ?

生きること

昼寝するとほとんど悪夢をみること

悪夢を見たあとの夕陽に照らされた街

悪夢を見たあとの薄暗い室内

心細さ

恐ろしさ

この感覚

生きることがわからなくなった

世界を認識しきれていない

これで生きたいものだね

 

ピーナッツチョコおいしい

平日の昼間に仰向けで畳に寝転がってピーナッツチョコのブロックをぼりぼりぼりぼり食べながらTwitterみて軽く笑ってる時、ほんとに自分がこの世で最もだらしない人間だなって思って何故かアスファルトで干からびたナメクジの映像が浮かんでしまうな

 

 

せっかくの休みだし外に出ないと、と思って外に出たけど、今日発売のアイマスのニューシングルは既に借りられてしまってて、遠くのTSUTAYAまで歩いていったのに、目的を完全に失ったから、ラーメンでも食べようかな、といって近くのラーメン屋探したけど、ラーメン1杯に780円、うーん、うーん、と悩んで、一瞬で780円を消す魔法、それはラーメンを食べること~なんつって、太陽の下をEDM鳴らしながら家に帰りました

 

 

感情をどこかにぶつけたい、うまくいかない毎日をちゃんと描き出して、表現して、手に取れる形にしたい、尿路結石になった人、手術で石みたいなのがとれるらしい、小さな石をみて、へえ、これがさっきまで身体の中に。これが痛みの原因だったのかー!って、きっとすっきり、納得、するんだろうな。それがやりたいんだつまり。心の中、みぞおちに詰まってる苦悩の根源を摘出して、銀色の台の上にカランとおいて、こいつか~ってにんまりしたい。

 

 

激しいEDM聴きながら、自分はそこに勝手に自分の感情をのせて、上手くいかない毎日を、EDMを劇伴にして、つらつら頭の中で語るから。これだけ苦しいんだ、これだけうまくいかないんだ、のポエトリーリーディングをEDMが盛り立ててくれるから。勝手にストーリーをつくってしまって、それを聴いて、じーんと感動してしまい、自分に共感してしまい、それなのでこんなに電子音ばっか聴くのかな、上手くいかない毎日を、

 

 

までスマホのメモ帳に打ち込んだ時に、後ろからビーーーーーーーとクラクション鳴らされて、完全に心が終わった。EDM鳴らしながらスマホいじってたら、車道に片足つっこんでたらしい。後ろからクラクション鳴らされた。休日なのに。休日なのに後ろからクラクション鳴らされた。否定された。存在を。クラクション鳴らされた。邪魔だって鳴らされた。邪魔な存在だって。休日なのに心が痛い。心が痛い休日は休日ではない。なんで休日なのに。休日なのに!!!

 

 

 

天井みあげてピーナッツチョコのブロックをぼりぼり、山ほど食べてたら気分悪くなってきたけど、それ以外何もしたくないから。人生間違えたっていうリフレインに逃げたくもなるよ、人生間違えたっていう言葉ほど落ち着くものはないな。人生間違えた、はベストフレンドです。クラクション鳴らされて意気消沈、休日だからめいっぱい遊んでやろ!と思う心はすぐに消え、ピーナッツチョコぼりぼり食べながら明日職場で起こるであろう嫌なことをありありと思い出してる。いっそいつでも鳴らしておくれよ、間違った生き方をしてることに気づかないから。失敗の人生に片足突っ込んだ瞬間にクラクションを鳴らしておくれ。明日のこと考えた瞬間にクラクション鳴らしておくれ。嫌なことを考えたくて考えたくてたまらない邪魔な心を轢き殺しておくれ。

 

 

遠くの街で地震があったそう。知ったこっちゃねえや、わいはわいの心と向き合うことに精一杯なんだ。誰かの痛みに寄り添う余裕なんてねえんだよ。冷たい人間、心無い人間、こういう時に人を思いやれる人間が嫌いだな、この世界に必要とされている立派な人間はすべて私の心を傷つけるから。自分のことしか考えてないんだね、って言われては、は、は、と笑いました。すっかり落ち込んじゃって、もう誰にも批判されないように、人のことを思いやれる人間の演技をしようと思いました。思っただけで終わりました。あれからずっとこんな調子。かわいそうな自分、という意識だけで7年

 

 

 

これで文句ないだろ?と言わんばかりに人にやさしくしよう。これで文句ないだろ?と言わんばかりに人のために尽くそう。人のために生きよう。人のために。人のために生きよう。人のためだけに生きよう。誰にも批判されないように。人のためだけに生きよう。人の笑顔のためだけに生きよう。人の笑顔のためだけに生きて、エゴイスティックな自分が消えていく様を嘲笑しながら眺めていよう。大嫌いな人間になろう。やさしくて立派で、人のために生きない人間を手厳しく批判して、自分こそ正義ですみたいな顔して、自分のために生きているだらしない人間共を踏み潰してやる

 

 

 

これで文句ないだろ

負け組

社長から

こういっちゃ失礼だけど○○君は負け組意識が強いから

って言われた

見抜かれすぎてて驚いた

なんで分かったんでしょうねw?

って先輩社員に笑いながら聞いたら

ああ、でもなんとなく分かりますよ

って言われた

なんとなく分かるのか?

負け組だって分かるのか?

私は負け組ですって顔に書いてあるのか?

 

 

私は負け組です

上手くいかない人生に嫌気が差して

こんな人生もう嫌だ、取り替えたいって

もう何年も同じことを日記に書いて

絶望というより呆れているんだ

呆れているというより諦めてるんだ

どうせ自分はこんなもんだよ

上手くいかない自分の方が自然で

上手くいかない自分が一番自分らしくて

失敗して、情けない声で申し訳ありません

この苦しさと悔しさ、みぞおちの鈍い痛みに

安心感を覚えます

何年もそうしてきたからな

早く死ねばいいのに

 

 

 

消えろ

英単語テストの裏紙に走り書きをした途端

どうやって?

駄目な自分がしつこくこびりついてるから

死んだような毎日を送っています

願いが叶わない世界

思いが届かない世界

それは愛想笑いではなく顔が歪んでるだけだ

死ねばいい

っていうか既に死んでるよ

意志薄弱、そもそも意志がない

自分を責めるだけしか能がない人間

幸せになりたいだけなんです

明日が来るのが怖いんです

明日こそ、遂に心が潰れてしまって

立ち直れなくなるんじゃないかって

っていう心配で心が潰れて

既に現実に立ち向かう勇気が微塵もない

スマホに表示される1:03

始業時間まであと12時間

布団があたたかい

布団だけがあたたかい

布団に顔を押し付けて

おいおい泣いたら明日が消えてくれるかな

明日が消えたって明後日が来るんだ

明後日が消えたって明明後日が来るんだ

じっとしてたら潰されてしまう

布団に入ってから意識がなくなるまでの時間

明日の心配で心が汚れていく

みぞおちが痛い、感情は身体の痛み

痛みを紛らわすために

今日も文字を生産するんだ

心のゴミを不法投棄

インターネットの海

砂浜に打ち上げられたメッセージボトル

匿名だったから

SOSになれなかった

 

 

 

このまま朝になってしまうのか?

明日の朝に対応する準備ができてない

明日をうまくやる準備ができてない

明日を生きる自信が無いのだ

明日も愛想笑いするのが嫌だ

卑屈に笑うのが嫌だ

人に嫌われないように笑顔で接するのが嫌だ

上司に合わせて人の悪口を言うのが嫌だ

一緒になって悪口を言わなければ、わたしが嫌われちゃうもんね

っていう自分が嫌いだ

自分が嫌いなんだ

もう聞き飽きたよそれ

自分が嫌いって言えば安心するのかよ

嫌われたくない

一番の理解者である自分に嫌われて

嫌われたくない可哀想な人

嫌われたくない

誰からも嫌われたくない

人を嫌うくせに

お前は人を嫌うくせに

自分が嫌いなくせに

嫌われたくないな

嫌われたくないよ

みんな僕に笑顔で接してくれ

嫌われてないって安心させてくれ

 

 

負け組

 

負け組

 

1時間半かけて書いた文章

だからどうした?

明日は消えない

睡眠時間が削り取られただけ

明日は消えない

 

負け組

 

負け組

 

 

負け組って自覚してますよアピール

駄目な人間って言われて泣くのが嫌だから

駄目な人間って自分で言っているんだよ

批判されたくないから自分を批判するんだ

自分を否定して自分を守る

守るたびに傷ついて

それじゃ守ったことにならないよ

 

 

 

 

センシティブ

 

何かを成し遂げたら

あの日の自分を懐かしむために行こう

それが小田急相模原

桜並木、踏切、急行新宿行き

本厚木駅から農大へ続く道

ブックオフロイヤルホスト、ドラッグストア

 

 

未だ行けない

成し遂げてないから

あと5年は行けそうにない

 

 

いつもこんな気持ちで生きられたらいいのに

落ち込んだ夜の静寂

ここでしか思い出せないのはなぜ?

 

 

失うものが多すぎた

失敗した記憶

無駄にした過去

それすら失ってしまってる

完全に失えたらよかった

失ったことを思い出したから

もったいないことをしたって

後悔して自分を責めて

 

 

 

ここで何をやっているんだろう

いつも別世界へ行きたがっている

失敗した過去を取り戻したがってる

過去に帰ろうとしてる

2013年にもぐりこもうとしてる

やり直したいって呟けばやり直せんのかよ

2013年にもぐりこもうとしてる

嘘ついて縁切った友達のこと

人と帰りたくなかったから嘘ついた

人と繋がるのがしんどかったから縁切った

六本木でハリーポッター展やってた

渋谷タワレコ言の葉の庭の展示会やってた

ぜんぶしんどかった

でも過去のことはすべて綺麗に見えるな

やり直したい、体験したい

体験し直したい

すべてが夢みたい

っていうか夢だ

 

 

 

ここで何をしているんだ?

この場所でやり直せないか?

この場所で2013年ができないか?

こういう気持ちは

落ち込んだ夜の静寂だけ

明日になれば

今考えてることもすべて忘れてしまう

休日だけど出勤します

仕事が遅いから

 

 

 

幸せになるために不幸を選んだのに

結局不幸だけじゃあないか

ローソンでチーズケーキ味みたいな意味わかんねえミルクティ飲むのだけが楽しみ

みんな消えた

お前も消えろ

人間を使え

 

「どうして自分は彼になれないんだろう」

という言葉を呟いた瞬間

だからだな

だからなれないんだなと納得した

自分が彼になることは不可能だ

自分は自分だから

自分は不変

あいつ変わったな、というとき

あいつが変わったのではなく

あいつから別の存在に転換したのだ

彼になりたかったら

その空間から自分を除け

「彼になる」ではなく

「彼である」

 

 

この空間に自分は存在しない 

 

意識領域に彼しかいなければ

 

当然彼しかいないので

 

彼である、のだ

 

彼になれるとかなれないとか

 

言った瞬間に「2人」いなければならず

 

むつかしくなる

 

 

 

 

簡単に落ち込んだり

簡単に腹を立てたりするのは

人生を重くとらえているからだ

あらゆるものごとが、

重いものだと信じきってる

実際は、何か違うことをすれば

簡単に現実は変わっていくし

何か違うことを試せば

重く不動に見えた苦悩が

簡単に色を変えたりふっと変質したり

「重くとらえる」

まさにそうだ。重くとらえてんだ。

重くないものを重いとみてる

 

 

 

 

人間というシステムに分からせてやれ

明るい言葉を100回呟いて

それで変わらなければ1000回呟いて

それで変わらなければ10000回呟いて

たったこれだけで明るい人間になれると

人間というシステムに分からせてやれ

覚えたいものがあったら100回思い出す

それだけでいいんだと

人間である以上は、避けられないんだと

繰り返したものが自分のものになることは

繰り返したものそのものになるんだと

人間というものは繰り返しでつくられて

繰り返したものに否応なしに染まってしまって

そのうち、繰り返したものそのものになるのだ

繰り返したものになってしまうことは

人間である以上は、避けられないんだと

人間というシステムに分からせてやれ

 

 

心が苦しいなら空を見ればいいよ

上を見ながら悩み事をするのは難しい

これが人間のシステム

好きか嫌いか、嘘か本当か、ではなく

人間である以上、人間のシステムの下にいるのだ

心臓に包丁を突き立てればちゃんと死ぬよ

苦しみながら生きていくであろう自分も

今すぐ終わらせることができるよ

これが人間のシステム

 

 

 

右手をあげれば右手が上がる

左手をあげれば左手が上がる

おもしれえおもちゃだな、人間は

立とうと思えば立てるし

座ろうと思えば座れる

おもしれえな、人間は

私の思うがままだ

じゃあ飲み物買ってこいっつったら

人間は飲み物買ってくんのかよ

買ってくるんだよ、これが

人間は使える道具だな

人間がなかったら世界を経験できなかった

人間は世界を読み取る道具だ

 

 

人間を使いこなしたい

なんでも出来てしまう、人間には

人間を使いたいのに、使うことを忘れてしまう

足先から指先から頭のてっぺんまで

全て道具なんだ

この道具を使わない手はないね

 

 

 

人間を使え

人間を使え

人間に囚われるな

人間を使え

人間に飲み込まれて

動けない、苦しい、毎日が憂鬱

怒られた、申し訳ございません、

もっと自分が仕事ができたら

あの人みたいになりたいな

明日が来なければいいのに

じゃあねえのだ

これが人間に飲み込まれてるってこと

人間の心、というシステムに取り込まれる

積極的に使用者を取り込もうとするのが

人間のやり口

 

 

 

使用者が道具に使われることがあったら

それは使用者が道具に成り下がっているのだ

わたしが人間に成り下がっているのだ

わたしは人間という道具ではなく

人間を上手く使って目的を果たす存在だ

つまり意識だ

 

 

 

わたしは人間ではなく

人間を使う使用者だ

道具は目的がないと使えないね

だからお前に必要なのは目的だね

道具を上手く使うことができるのは

道具がちゃんと道具として黙って使われてるから。

使われることになんの抵抗も示さないから。心がないから。考えないから。反抗しないから。道具が気分によってやるとかやらないとかモチベーションがとか人間関係がっていってたら道具にならないよな、使えないからすぐに捨てちゃいたいね、使えない道具は道具ではなくゴミだ

 

 

 

お前のことだよ